専務取締役 一級建築士 木村 真和

医療空間で求められる一番大切なことは、そこで働くドクターやスタッフの方たちが
いかに医療に集中できる環境であるかです。素晴らしい医療技術をしっかり発揮し患者様へ
ご提供できれば、必然的に患者様も安心して信頼感を持ち続けてくれる、
そしてクリニックの経営も安定し続けると信じています。
私の仕事はまず クライアントさんの“想いをよく聞くこと”これがスタートです。
次に、“想いをよく感じ取ること”です。
“聞くこと”からは機能的な不満点や改善点を拾いあげ、
“感じ取ること”からはデザイン的な部分を拾いあげることができます。
こうしてクリニックの機能美を作り上げます。
近年この機能美を住宅にも反映できることが仕事の面白さに幅を広げてくれています。
みなさまとともに創りあげる喜びを分かち合いたいと思います。